左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥獣被害対策活動で表彰候補を募集 農水省2013年9月27日

一覧へ

 農水省は、鳥獣被害対策に取り組み被害防止活動への貢献が認められる個人や団体を表彰している。現在、平成25年度の表彰候補を募集している。

 農水省は野生鳥獣による農林水産業被害が全国的に深刻になっているなか、被害防止に貢献している個人や団体を表彰する「鳥獣被害対策優良活動表彰」を行っている。表彰事例を広く紹介することで、各地域での被害防止活動の推進を図るのが狙い。
 表彰対象のうち、個人部門は地域の鳥獣被害対策活動への的確な指導・助言または継続的な参加によって、地域への貢献が顕著だと認められる者(行政担当者も含む)としている。また、団体部門は模範となる被害対策活動に継続的に取り組んでいる団体としている。 審査基準は▽地域住民の合意形成のもと被害防止活動が行われているか▽地域の実態に応じた被害防止技術の創意工夫が行われているか▽被害防止活動の担い手(狩猟者など)の育成活動が行われているか▽近隣の市町村等との連携で効果的な活動が行われているか、など。
 募集期間は▽都道府県による推薦:11月8日(応募書類の都道府県への提出期限)▽農作物野生鳥獣被害対策アドバイザーによる推薦:11月15日(応募書類の生産局農産部農業環境対策課への提出期限)、となっている。
 表彰式は26年2月の予定。農林水産大臣賞2点(個人と団体)以内、生産局長賞6点以内に表彰状が贈られる。
 実施要領や応募用紙などは農水省ホームページで。


(関連記事)

ALSOKが鳥獣被害防止事業に参入(2013.08.02)

野生鳥獣の農作物被害13億円減(2013.02.05)

「鳥獣被害対策優良活動表彰」受賞者決まる(2013.01.31)

239億円に及ぶ野生鳥獣による農作物被害  農水省調査(2012.01.23)

地域で鳥獣被害対策  JA高知市(2011.11.21)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る