左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「有機農業への新規参入」テーマに交流集会2013年10月3日

一覧へ

 有機農業の推進をめざす生産者、消費者、有識者などで組織するNPO法人全国有機農業推進協議会は11月21、22の両日、千葉県山武市で第2回地域に広げる有機農業全国交流集会を開く。

 交流集会は昨年に引き続いての開催。今回のテーマは「有機農業への新規参入」だ。千葉県山武市で、過去5年間で合計18件の新規就農を受け入れてきた「さんぶ野菜ネットワーク」の取り組みを中心に、有機農業に参入する際の課題や、今後の展望、仲間づくりなどについて考える。
 21日の13時から22日の15時まで。会場はさんぶの森中央会館、さんぶの森文化ホールなど。最寄り駅はJR総武線八街駅。定員100人で先着順。参加費は1泊2日すべて参加で1万5000円、会議のみ5000円。問い合わせは、さんぶ野菜ネットワーク(Eメール、TEL:0475-89-0590、FAX:0475-89-3055)まで。申し込み締め切りは10月31日。
 詳細は全国有機野菜推進協議会ホームページで。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る