農政 ニュース詳細

2014.01.30 
農山漁村女性の未来を描く 3月6日に記念集会一覧へ

 JA全国女性協など8団体が主催する第27回「農山漁村女性の日」記念の集いが3月6日、東京の浅草公会堂で開催される。

 この集いは、農山漁村での女性の役割を正しく認識し、適正に評価し、女性の活用をいっそう促進しようという「農山漁村女性の日」を記念して毎年開催されている。
 今年のキャッチフレーズは「農山漁村から伝えよう、わたしたちの想い」に決まった。
 大会では、農山漁村男女共同参画優良活動表彰、農山漁村女性・シニア活動表彰の表彰式と農水大臣賞受賞者の活動報告のほか、「世代を超えて、農山漁村の未来を描く」をテーマにパネルディスカッションを行う。農山漁村女性・生活活動支援協会の安部澄子氏をコーディネーターに、山形ガールズ農場の高橋菜穂子代表、大分県の和泉やす子さん、石川県の高博子さんの3人の女性農業者がパネラーとなり、未来の農山漁村の姿について話し合う。

【イベント概要】
○日時:3月6日(木)10:00〜16:00
○場所:東京都台東区立浅草公会堂
○参加費:1000円(男女区別なく、誰でも参加可)
○申し込み・問い合わせ:農山漁村女性・生活活動支援協会(TEL:03-5777-5383)まで。詳しくはホームページで。


(関連記事)

【特集・小さな協同が光る地域づくりをめざして】第59回JA全国女性大会へ向けて 萬歳章・JA全中会長(14.01.22)

【座談会】キラリと輝くフレッシュミズの活動 心の通う仲間を全国に (14.01.24)

「日々、島嫁」 牛とともに生きた10年(2014.01.23)

共同参画一層の前進 JA全国女性大会(2014.01.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ