農政 ニュース詳細

2014.01.30 
丹羽氏講演会も盛況 農協協会が新年の集い一覧へ

 一般社団法人農協協会が主催する新年の集いが1月29日、東京都内で開催され、JAグループ、農業関係団体・メーカーなど約200人が参加した。

佐藤会長 農協協会の佐藤喜作会長は、唱歌「一月一日」の歌詞「終わりなき世のめでたさよ」という節を例にあげ、「今の日本社会は、今だけ、オレだけ、金だけの“3だけ”社会ではないか。このままでは“終わりある世”になってしまうのではないかと危惧している。今だけでなく未来を、オレだけでなく協同を、金だけでなく心温かい魂を、そんな世界を求めていくための灯を点けたい」と、今後の活動目標を掲げた。
 来賓では、村上光雄・JA全中副会長、柳井二三夫・JA共済連常務、高橋則広・農林中央金庫専務、高杉昇・家の光協会常務、山田俊男・自民党参議院議員、藤尾東泉・新世紀JA研究会代表、村田興文・シンジェンタ ジャパン会長が祝辞を述べた。
 会場では、全国のJAなどからの特産品などが並べられ、来場者に紹介、提供された。

 また、新年の集いの前には、農協協会、新世紀JA研究会、農業協同組合研究会の3団体共催による新春特別講演会も開催。前中国大使の丹羽宇一郎氏を講師に迎え、「日中問題を考える」がテーマだった。丹羽氏は、歴史認識や領土問題、両国の今後の交流のあり方など約2時間にわたり熱のこもった講演を行い、満場の喝さいを浴びた。

(※講演会、新年の集いの詳報は後日掲載いたします。)

(写真)
佐藤会長

新春特別講演会で講演した丹羽氏 新年の集いで主催者、来賓らによる鏡開き

(写真)
左:新春特別講演会で講演した丹羽氏
右:新年の集いで主催者、来賓らによる鏡開き

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ