Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6月19日、都内で食料安保のワークショップ2014年5月26日

一覧へ

 農水省は6月19日、東京都内でOECD加盟50周年記念行事の一環として、「APEC食糧安全保障に関するワークショップ」を開く。

 政府は5月7日に仏パリで開催されたOECE閣僚理事会で、川上から川下に至るフード・バリューチェーンの構築を官民連携によりグローバルに促進しようという「フード・バリューチェーン・イニシアチブ」を公表した。
 今回のワークショップでは、APEC参加国・地域の食料担当局長や民間企業などのを招き、この取り組みについて紹介する。

【イベント概要】
○日時:6月19日(木)10:00?17:00
○会場:三田共用会議所(東京・港区)
○定員:20人程度(先着順)
○傍聴の申し込みは、「APEC食料安全保障に関するワークショップ」の傍聴希望として、氏名(フリガナ)、連絡先(TEL、Eメールアドレスなど)、勤務先・所属団体などを明記しEメールで申し込む。締め切りは6月5日。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る