農政 ニュース詳細

2014.06.16 
かいよう病に相談窓口一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は13日、キウイフルーツかいよう病の新系統に関する日本公庫資金の相談窓口を開設した。

 キウイフルーツかいよう病(Psa3系統)は、今年の5月以降、愛媛、福岡、佐賀、岡山、和歌山、静岡県の各県で発生が確認されている。罹病樹の伐採等で、キウイフルーツの出荷等に影響を受ける果樹農家は、経営継続に必要な資金融資を求める声が出ている。
 これに応えて、同公庫は、生産だけでなく、キウイフルーツの加工・流通業を営む業者等に対して、公庫資金の融資や返済に関する相談に対応する。

問い合わせ先は、
同公庫本店農林水産事業本部、電話(フリーコール)0120-926-478。

(関連記事)

国産レモン生産拡大に期待 新品種「璃の香」(2014.05.29)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[6]ミカンの病害虫防除のポイント 田代暢哉・佐賀県上場営農センター長(2014.05.21)

東海、南関東でヒメトビウンカ発生を予想(2014.05.16)

1カ月高温続く、害虫発生に注意 農水省(2013.10.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ