左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

かいよう病に相談窓口2014年6月16日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は13日、キウイフルーツかいよう病の新系統に関する日本公庫資金の相談窓口を開設した。

 キウイフルーツかいよう病(Psa3系統)は、今年の5月以降、愛媛、福岡、佐賀、岡山、和歌山、静岡県の各県で発生が確認されている。罹病樹の伐採等で、キウイフルーツの出荷等に影響を受ける果樹農家は、経営継続に必要な資金融資を求める声が出ている。
 これに応えて、同公庫は、生産だけでなく、キウイフルーツの加工・流通業を営む業者等に対して、公庫資金の融資や返済に関する相談に対応する。

問い合わせ先は、
同公庫本店農林水産事業本部、電話(フリーコール)0120-926-478。

(関連記事)

国産レモン生産拡大に期待 新品種「璃の香」(2014.05.29)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2014】[6]ミカンの病害虫防除のポイント 田代暢哉・佐賀県上場営農センター長(2014.05.21)

東海、南関東でヒメトビウンカ発生を予想(2014.05.16)

1カ月高温続く、害虫発生に注意 農水省(2013.10.21)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る