左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

労働法務の相談減る JC総研26年度上半期2014年10月29日

一覧へ

 JC総研は27日、平成26年度上半期の「労働法務に関する相談」状況をまとめた。法改正がなかったことなどから、賃金等に関する相談件数が減り、全体で前年度に比べ3割余り減った。

 JC総研は人事・労務にかかる「労働法務に関する相談」で、JAや中央会などからの電話による相談に応じている。
 26年度上半期の相談は、労働時間関係が31件(前年同期43件)で、次いで賃金・退職金関係が29件(同42件)、パート労働関係が27件(同28件)、メンタルヘルス関係9件(同21件)だった。全体では207件で、前年同期に比べ33.7%減った。
 特徴は、平成26年7月に改正男女雇用機会均等法施行規則等の施行があったが、25年4月実施の改正高年齢者子法安定法、改正労働契約法等の目玉である就業規則のような法改正事項がなかったことなどから、賃金等に関する相談件数が減った。
 メンタルヘルス関連では、休職後の職場復帰の際の法的留意点、利用者としての安全配慮義務履行などの相談が中心。またパートタイマー等の雇い止め・解雇、高年齢者再雇用への対応等の相談が多い。

nous1410290301.jpg

 

(関連記事)

協同組合運動の展望議論 JC総研が公開研究会(2014.08.22)

米の購入、「ネット・通販」が大幅増(2014.06.30)

協同組合の将来像を探る JC総研が研究報告(2014.05.22)

【インタビュー】『魅力ある地域を興す女性たち』を著したJC総研主任研究員・小川理恵さんに聞く 女性の力が地域を盛り上げる(2014.05.13)

JC総研 「ビジョン研究会」の成果を集大成(2014.04.25)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る