農政 ニュース詳細

2014.12.15 
衆院選挙 萬歳・全中会長が談話一覧へ

 JA全中の萬歳章会長は12月15日、第47回衆議院選挙に対する談話を発表した。

 談話では、当選した候補者へのお祝いのコメントとあわせて、農政運動組織が支援して当選された候補者に対しては、▽JAグループの自己改革の実現、▽農業・農村の所得倍増、▽TPP交渉における国会および自民党による決議の実現、に最大限取り組むよう呼びかけている。
 談話全文は次の通り。

 今回の衆議院選挙では、与党が3分の2を超える議席を確保し、引き続き自民党・公明党による政権が維持されることとなりました。当選された候補者には、心よりお祝い申し上げます。

 今回農政運動組織が支援し当選された候補者は、いずれも農業・農村の現状を踏まえ、農業者の主張や要望に真摯に耳を傾けることにより、喫緊の農政課題の解決に向けて、力強く取り組んで頂ける方々です。今後のご活躍に大いに期待するところです。

 今後議論が本格化する農協改革については、JAグループの自己改革の実現に最大限取り組み、さらには、農業・農村の所得倍増など政府の「農林水産業・地域の活力創造プラン」の着実な実行、TPP交渉における国会および自民党による決議の実現に向けて、最大限取り組んで頂けるよう、切にお願い申し上げます。


(関連記事)

中央会を軸に、JAと地域の発展を 農協研究会 (2014.12.11)

JA研究賞に大金義昭氏 JA全中 (2014.12.10)

「ごはん・お米」作文・図画コン 受賞者決まる (2014.12.09)

農協に生活インフラ機能を期待 全国の自治体 (2014.12.05)

JA改革は自己改革が基本 萬歳・全中会長 (2014.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ