左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】29章中、10章で交渉終了2015年4月28日

一覧へ

 TPP政府対策本部は4月22日の自民党の会合でTPP交渉の状況について報告した。報告した澁谷審議官によると29章で構成される協定文のうち、10章で交渉が終了したという。

 TPP交渉は農産品を含む「物品市場アクセス」、「原産地規則」、「知的財産」など21分野で交渉が行われているが、分野によっては複数の協定文で構成されることから全体で29章になる見込みだという。
 このうち交渉が終了したのは以下の10章であることを明らかにした。▽貿易円滑化(貿易規則の透明性向上など)、▽越境サービス(国境を超えるサービス貿易に関するルール)、▽一時的入国(ビジネスマンの一時的滞在の要件など)、▽電気通信(通信サービス提供者の義務など、以上サービス分野)、▽制度的運営事項のうちの運営・制度、▽協力(TPP協定の合意事項を履行するための国内体制が不十分な国への技術支援、人材育成など)、▽分野横断的事項の4章(複数の分野にまたがる規則などが通商上の妨げにならないような規定)。
 一方、知的財産分野は難航しているとされる。とくに医薬品のデータ保護期間に関しては、日米以外の国は新薬メーカーがほとんどないことからジェネリック(特許切れ)薬品開発の観点からこの期間を短くしたいとして日米と激しく対立している。
 食の安全に関する規制緩和も懸念されているが政府は「既存の協定(WTOのSPS協定)とほぼ同じ内容であり、わが国の制度変更を求めるものではない」と説明した。ISDS条項についても「公共の利益を保護する政府の権限への配慮の規定もある」とする。

 

(関連記事)

【TPP】日米協議、事務レベル折衝を継続 (15.04.21)

日米TPP閣僚会議開始 (15.04.20)

【TPP】粘り強く分析と運動 市民レベルで勉強会 (2015.04.17)

【TPP】JAグループが国会決議実現へ特別決議 (2015.03.20)

【TPP】3月5日から日米協議 (2015.03.04)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る