左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPPで国が初の説明会2015年5月15日

一覧へ

 政府は5月15日、東京都品川区の総合区民会館(きゅりあん)で「TPP交渉に関する説明会」を開いた。国民向けの説明会は初めてで、約400人が参加した。

空席の目立つTPP交渉に関する説明会 説明会には内閣官房TPP政府対策本部から渋谷和久内閣審議官が出席してTPP交渉の現在の状況を、主要な18分野について説明した。農産物の貿易に関する物品市場アクセスについては「各国がオファーを行い、それに対して改善リクエストを出す形で2国間協議が進められる」と説明した。
 この分野を含め、特許権、意匠権など知的財産の分野など、全体的にまとまってはいないが、「論点は出そろっており、議論はパッケージでなされている」として、政治の判断で一挙に決着が付く可能性のあることをにおわした。参加者からは、知的財産権やアメリカ議会のTPAを巡る情勢などのして質問があった。
 また、「東京だけでなく、もっと広く説明会をひらくべきだ」という注文もあった。ただ、今回の説明会は、正味2時間半と短く、それも政府側の説明に時間をとられ、質問は30分もなかった。また1000人近い収容能力の会場で、出席者は半分ほど。政府の本気度を疑問視する参加者の声もあった。

(写真)空席の目立つTPP交渉に関する説明会

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る