想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

常総市の水田2000ha超 いまだ水引かず 収穫は困難に 低温倉庫やCEも被害2015年9月16日

一覧へ

JA常総ひかり

 台風18号による大雨の影響で北関東や東北で大きな農業被害が出ている。9月10日に鬼怒川が決壊して濁流が流れ込んだ茨城県常総市では16日現在も2000haを超すとみられる水田が冠水したまま。JA常総ひかりでは、カントリーエレベーターなどの農業施設や支店にも被害が出ている。緊急に茨城県内のJAに聞いた。

茨城県の豪雨被害 「昨日、やっと泥かきしてパソコンを引っ張り出したような状態です」 16日早朝のJA常総ひかり職員の話だ。
 濁流が常総市小山戸にある同JAの水海道地区センター。その1階には行政とワンフロア化した農業支援センターが入っている。泥の中から引っ張り出したパソコンには農地や作付け状況など基礎データが入っているという。他の部署や行政にバックアップはあるものの機能回復のめどは立たない。
 水海道地区のカントリーエレベータと低温倉庫も冠水した。農業施設だけなくデイサービスセンターやATM、自動車センターなども営業休止を余儀なくされている。
 8月下旬からの長雨が続き、それでも晴れ間がのぞいた土日には収穫しCEで集荷し乾燥作業も行っていた。その量は500t。「サイロまでは水に浸かっていない。この米だけなんとかなるかという状態です」。低温倉庫も冠水し、その清掃には19日から取りかかるという。
 「ずっと続いた長雨の最後にどっと来た」。予想以上の「ものすごい状態」で「災害はまだ始まったばかり」というのが実感だという。
 JA常総ひかり管内の水田は約3700ha。そのうち2000ha以上が冠水したとみられているが、行政による被害調査にも取りかかれていない。水が引いたのは町中だけで水田は冠水したまま。水が引き天候が回復することが待たれるが収穫が困難なことも考えられる。
 常総市の西側のJA岩井。JAの施設等に被害はなかったが、利根川沿いの鵠戸沼土地改良区の水田は冠水状態が続き「稲刈りはできない」と担当者は話す。
 JA茨城むつみ。担当者によると冠水したほ場の面積は「見当がつかない」という。水田をつなぐ小さな川や用排水路があちこちで決壊して現地に近づくことも困難だからだという。
 冠水はしていなくても、雨続きで穂発芽も心配されるほ場もあるという。 JA竜ヶ崎では大雨被害はなかったものの、長雨で刈り取りが遅れ例年の6割しか終わっていないという。品質の劣化も懸念されている。
 「天候ばかりは仕方がない...」と一様に担当者。対応の本格化はこれからになる。

(写真)茨城県の豪雨被害

(関連記事)

茨城県の農産物被害面積3700ha超-台風18号被害 (15.09.16)

農作物の損傷5856ha-台風18号被害の農水省まとめ (15.09.16)

台風18号等による大雨災害対策本部設置 JA全農 (15.09.15)

茨城県の農産物3000ha超で被害-台風18号被害 (15.09.14)

宮城県は6680haで冠水など被害-台風18号被害 (15.09.14)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る