左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風18号水害被害でJAグループ茨城が緊急要請 農水省は激甚災害に指定2015年10月8日

一覧へ

 JAグループ茨城では9月27日と10月2日に、農林水産大臣政務官とは茨城県知事に水害被害に関する緊急要請などを行った。
 また農林水産省は10月6日、台風18号による災害を激甚災害として指定し、災害に対しての措置を指定する政令の決定を公表した。

橋本知事(右)に要請するJAグループ茨城の役員、(写真右)来県した佐藤農林水産大臣政務官(右)への要請 提供:JAグループ茨城 JAグループ茨城は9月7日から11日の間の台風18号による被害に関して、9月27日にJA常総ひかりの浸水被害状況などを視察するため来県した佐藤英道農林水産大臣政務官に被災農業者への支援などの要請書を手渡ししていた。
 また10月2日は茨城県庁で、茨城県中央会の川上好孝副会長、秋山豊専務、JA全農いばらき県本部の川津修本部長らが橋本昌知事に被災産地復興のための農業共済の補償割合のかさ上げや収穫後の米の救済措置について訴えた。
 農林水産省は10月6日に台風18号の災害を激甚災害として指定。農地などの災害復興事業等に係る補助の特別措置と施設災害復興事業費の補助などに関して措置を行うことを公表した。
 JAグループ茨城の担当者は、「現場ではカントリーエレベーターの腐った米の掻き出しなど、復旧作業が続いている状態で長期化することが考えられる。JAグループ茨城としても息の長い支援を続けていきたい」と語った。
(写真左)橋本知事(右)に要請するJAグループ茨城の役員、(写真右)来県した佐藤農林水産大臣政務官(右)への要請 提供:JAグループ茨城

(関連記事)

農産物の損傷1万6500ha-台風18号被害 (15.09.24)

農林水産被害73億円-台風18号 (15.09.17)

常総市の水田2000ha超 いまだ水引かず 収穫は困難に 低温倉庫やCEも被害 (15.09.16)

茨城県の農産物被害面積3700ha超-台風18号被害 (15.09.16)

農作物の損傷5856ha-台風18号被害の農水省まとめ (15.09.16)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る