Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛肉製品のおみやげ ブラジルへの持ち込み可能に-農水省2016年7月13日

一覧へ

 農林水産省は7月12日、牛肉製品を個人のお土産としてブラジルに持ち込むことが可能となったと発表した。

 8月にリオデジャネイロで開催されるオリンピック・パラリンピックに合わせブラジルに向かう旅行者が増えることを見込んで措置した。
 日本国内の空港の動物検疫所で証明書の交付を受ければ、生でない牛肉製品等をお土産など個人消費用携帯品としてブラジルに持ち込むことができる。
 ブラジル向けの主な携帯品の輸出条件は▽持ち込み量が制限量以内であること、▽個人消費用であること(携帯品のブラジル国内での販売は禁止)、▽消費期限が記載され開封跡や漏れなどがない密封状態であること。 持ち込み可能な牛肉製品や豚肉製品の例は以下のとおり。
 ▽ベーコン、サラミ、ビーフジャーキーなど「食用肉加工品」は1人あたり10kgまで。
 ▽粉ミルク、長期熟成チーズ等の「食用乳加工製品」は1人あたり5kgまで。
 ▽塩漬けや内臓抜き乾燥物など「食用水産物」は1人あたり5kgまで。 ▽肉、乳または卵を含む製菓は1人あたり5kgまで。
 ▽動物食用の動物由来加工品(ペット用噛むおもちゃなど)は1人あたり5個まで。
 ▽動物由来装飾品は1人あたり5個まで。
 このうち、食用乳加工製品、食用水産物、動物由来装飾品については動物検疫所での証明書交付は不要。
 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る