農政 ニュース詳細

2016.10.24 
北海道で災害査定開始 農水省など一覧へ

 財務省と国土交通省、農水省は平成28年8月北海道暴風雨及び豪雨(台風7号など)による甚大な被害が発生した北海道内の農地・農業用施設などの早期復旧にむけての災害査定を、10月24日から行う。

 農地・農業用施設などの被害を受けた施設などの災害査定を10月24日から、上川・オホーツク地域で55件、留萌・空知地域で9件、オホーツク・釧路・十勝・日高・胆振・渡島地域で63件行う予定。他に、上川・十勝地域で2班、十勝地域で2斑が日付をわけて査定に行く予定だが、件数などは調整中。以降の査定の地域や日程、件数についても予定は調整中となっている。
 このほか、早期復旧の観点から査定事務の簡素化を図り、被災した地方公共団体の負担の軽減をはかっている。

◆災害査定って?

 台風や豪雨などの自然災害で、道路や河川などの公共土木施設や農地・農業用施設が被害を受けた場合、被災した施設を管理する地方公共団体などが施設復旧のために所管する主務省(農水省など)に国庫負担申請を行う。すると、申請を受けた農水省などが被災現地に災害査定員を派遣。現地の状況を調査し、災害復旧事業費の決定のための査定作業を行う。
 今回の被災地域である北海道財務局は財政を所管する財務省の立場で、災害査定官が被災現地で行う査定に立ち会う。復旧事業計画が現地に即応したものか、法律などに沿っているかなどの観点で、規模や工法などを確認する。

(関連記事)
台風16号被害 激甚災害に指定 農水省 (16.10.24)

台風7・11・9・10号 激甚災害に指定 農水省 (16.09.20)

(台風被害状況の関連記事)
【台風16号】農業関係被害額139億 10月18日現在 (16.10.19)

【台風10号】農業被害額500億 10月18日現在 (16.10.19)

【台風7号】農業関係被害46億 10月18日現在 (16.10.19)

【台風11・9号】農業関係被害額238億4000万円 10月3日現在 (16.10.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ