Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

28年度飼料用米 日本一は10a932kg2017年3月6日

一覧へ

 農林水産省と(一社)日本飼料用米振興協会は3月3日、「平成28年度飼料用米多収日本一」の受賞者を公表した。表彰式は3月17日に東大弥生講堂で開催される。

 「単位収量の部」と「地域の平均単収からの増収の部」の両部門で農林水産大臣大臣賞を受賞したのは宮城県加美町の(有)平柳カントリー農産(我孫子弘美代表取締役社長)。
 「夢あおば」を約2.3ha作付け。10aあたりの収量は932kgだった。地域の平均単収からの増収は同387kg。
 平成28年は主食用米、飼料用米、大豆を合わせて約44ha作付け。エノキダケ栽培も営む。
 大豆作後に飼料用米を作付けることで土壌窒素を有効活用し、牛ふん堆肥(10aあたり2t)とエノキダケ栽培で発生する廃倍土を堆肥化したものを施用(同1t)することで化成肥料を減らし肥料費を削減した。
 田植えは株数を1坪あたり70株から50株に疎植化することで育苗箱を10aあたり30枚から18枚に減らした。播種から田植えまでの資材費、労働費を低減した。
 その他の受賞者は次の通り(敬称略)。
【単位収量の部】
○政策統括官賞=新山実(秋田県)
○全中会長賞=三日市営農組合(富山県)
○全農会長賞=佐々木隆(山形県)
○協同組合日本飼料工業会会長賞=原田芳和(宮崎県)
○日本農業新聞賞=地﨑啓(富山県)
【地域の平均単収からの増収の部】
○政策統括官賞=原田芳和(宮崎県)
○全中会長賞=地﨑啓(富山県)
○全農会長賞=新山実(秋田県)
○協同組合日本飼料工業会会長賞=三日市営農組合(富山県)
○日本農業新聞賞=山田奈々(滋賀県)
 表彰式は3月17日(金)に東京大弥生講堂で午前11時から17時まで開催される「飼料用米普及のためのシンポジウム2017」のなかで行われる。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る