Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

4/22 神出JA全農専務も講演 農協研究会2017年4月14日

一覧へ

 農業協同組合研究会は4月22日(土)、東京都中央区の日本橋公会堂で「経済事業自己改革の実践と課題」と題し研究大会を開く。JA全農・神出元一代表理事専務、JAいわて中央・久慈宗悦組合長、JAおちいまばり・宇高秀志営農経済担当常務が報告する。

 政府が昨年末に決定した「農業競争力強化プログラム」では、とくに全農の購買事業や農産物の売り方の見直しなどを強調していた。今回の研究大会では、政府が示した方針に対応して全農が策定した方策を中心に協議。現場に即した実践上の課題について検討する。
 日時は4月22日(土)13時30分から17時30分まで。場所は日本橋公会堂 第3・第4洋室(=地図)。
 参加費は会員無料、会員外は資料費として500円。研究会終了後は懇親会を予定しており、会員・非会員関係なく懇親会費は5000円。
 報告内容は次の通り(敬称略)。
【報告】
Ⅰ 「全農の自己改革の取り組みについて」JA全農 神出元一代表理事専務
Ⅱ 「水稲作を中心とした農家手取り最大化の取り組み ~JAいわて中央・プロジェクトチームによる実践~」JAいわて中央 久慈宗悦代表理事組合長
Ⅲ 「農業振興計画レインボープランの実践 ~JAおちいまばり・新たな営農類型の確立~」JAおちいまばり 宇髙秀志営農経済担当常務
【司会】原田康氏(協同組合懇話会代表幹事)

<問い合わせ・参加申込み>
 参加申込は、▽団体名、▽氏名、▽参加人数、▽代表者連絡先、▽懇親会への出欠をfaxかメールで送る。
問い合わせ先は、農業協同組合研究会 事務局TEL:03-3639-1121  FAX:03-3639-1120 Eメール:nokyoken@jacom.or.jp

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る