左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アイルランドが対日輸出に意欲2017年11月15日

一覧へ

・日EU・EPA大枠合意踏まえ
・アイルランド農業・食糧・海産大臣が来日

 日EU・EPA(経済連携協定)交渉が進むなかで、EU構成国のアイルランド政府は11月14日、東京都内で、アイルランドの農業の紹介、および農畜産物のPRを行なった。

マイケル・クリードアイルランド農業・食料・海産大臣 マイケル・クリード、アイルランド農業・食糧・海産大臣は記者会見で、同国の、環境に優しい農業、農畜産物の安全性を強調。日EU・EPA交渉の大枠合意で、関税が削減されるのを機に、牛肉、乳製品の対日輸出拡大することに意欲を示した。
 グリード氏は、アイルランドの農業が世界でも最高水準の安全基準を設けていることを強調。同国は450万人の人口を持ち、自国で3500万人をまかなうだけの農業生産があり、90%を海外輸出しているとして、農畜産物の輸出能力に自信を示した。
 対日輸出の狙いとして、日本の多様な調達先の一翼を担うとともに、将来の東南アジア向け輸出の拡大を挙げる。「安全・品質への基準が厳しい日本で成功させ、東南アジアへの輸出拡大の足場にしたい」と述べた。
 グリード氏は、同国の畜産関係者らと来日して日本の市場を調査。13日には加藤勝信厚生労働相と会談し、牛肉輸出の規制緩和について「建設的な話ができた。これからアクセスについてフォローアップし、ロードマップをつくることになるだろう」と話した。
 なお、イギリスのEU離脱については「対英輸出が全体の40%を占めるので影響は大きい。よりよい方向に持って行きたいが、大変切迫感を持っている」と危機感を示した。これへの対策も、今回の訪日の目的と見られる。

(写真)対日輸出に意欲を示すクリード、アイルランド農業・食糧・海産大臣(記者会見で)

 

(関連記事)
【緊急寄稿】TPP11「大筋合意」の真実(17.11.14)
大きく食い違う日米のTPP影響試算(16.06.15)
輸入条件満たさない アイルランド産牛舌を確認 厚生労働省(16.05.26)
未来の食と農 「白書」らしい分析力を 田代洋一 大妻女子大学・横浜国立大学名誉教授(16.05.24)
イタリア産牛肉の輸入を再開(16.05.09)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る