左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コンニャクイモ収穫量は主産県で14%減2018年2月28日

一覧へ

 農林水産省は2月26日、平成29年産コンニャクイモの栽培面積や収穫面積、収穫量を公表した。

 コンニャクイモの収穫量調査はこれまで全国調査を3年ごとに実施してきたが、平成29年産から3年から6年ごとに変更。その中間年にあたる平成29年産は主産県の群馬と栃木の両県が調査対象となり、今回はその調査結果から全国値を推計することになった。
 それによると、全国の収穫量は6万4700tで前年産に比べ9800t(14%)減少。主産県は6万1500tで同9800t(14%)減少した。全国の栽培面積は3860ha。主産県は3440万haで前年産に比べ30ha(1%)減少した。また全国の収穫面積は2330ha。主産県は2080haで同20ha(1%)増加した。
 全国の10a当たり収量は2780kg。主産県の同収量は2960kgで作柄の良かった前年産に比べ14%下回った。これは9月中旬以降の台風や多雨の影響などでイモの肥大が抑制されたため。

 

(関連記事)
農協運動の熱き仲間たちが参集 農協協会「新年の集い」(18.02.01)
第28回 地域再生とJA再生 そのカギは人材にある(17.09.16)
第2回 JAーIT研究会の実践に学ぶ(17.02.21)
水で日本の農業が変わる (株)カクイチ(17.02.10)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る