左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪州向け生鮮牛肉 輸出再開条件を両政府が合意2018年5月29日

一覧へ

 農林水産省は5月29日、豪州向け日本産生鮮牛肉の輸出再開条件を豪州政府との間で締結したと発表した。

 2001年9月にわが国でBSE(牛海綿状脳症)が発生したことをうけ豪州は日本産牛肉の輸入を停止した。その後、2004年から農水省は厚労省と連携して豪州政府当局に輸出再開を要請し、輸出再開のための協議を続けてきた。
 この間、2010年の口蹄疫の発生もあり、日本の家畜衛生管理などについてのリスク評価は今年4月に完了した。
 合意したおもな輸出条件は▽厚労省によって認定された施設(認定基準は対米輸出と同様)に由来する食肉であること、▽日本で誕生し継続的に飼養され、と殺された牛由来の食肉(肉、骨及び内臓等<月齢制限なし>)であること。
 過去の輸出量は2000年に196kg、2001年に403kgなどとなっている。

 

(関連記事)
影響試算やセーフガードに疑問続出-TPPで集会(18.04.26)
米中貿易戦争とニッポン農業【中岡望・東洋英和女学院大学大学院客員教授】(18.04.18)
財務省は拙速? 肉牛農家に冷たい? それとも些細な問題か?(18.03.29)
TPP11主席交渉官会合を受けて(18.01.25)
牛肉セーフガード 14年ぶり発動-農水省(17.07.31)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る