想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サツマイモとクリの新品種でマッチングフェア 農研機構2018年10月30日

一覧へ

 農研機構は11月29日、東京都北区内でサツマイモとクリの新品種や加工技術・調理方法に関するセミナーを開催する。また、産地の先進的な取り組み事例の紹介や、試食・展示などを行う。

 農研機構はサツマイモ「べにはるか」、クリ「ぽろたん」など焼き芋や焼き栗を始め、でん粉原料等の加工に適する品種を育成している。これらは青果や生果としての消費が減っており、食品産業や外食産業と連携した加工・業務用需要の拡大が課題となっている。
 このセミナーでは、様々な用途向けに開発した「こなみずき」、「ひめあやか」などのサツマイモ新品種や、渋皮が剥けやすい「ぽろたん」、「ぽろすけ」などのクリ新品種の特徴を紹介し、加工技術や調理方法などについて最新の情報を提供する。また、産地の先進的な取り組み事例を紹介し、6次産業化を含めた新品種の利用拡大方策について検討する。さらに、試食などを通じて生産者、実需者とのマッチングを行い、農食ビジネスの拡大を図る。

日時:11月29日(水) 10:30~16:15
場所:滝野川会館大ホール(東京都北区西ヶ原)
参加費:無料
定員:200名
参加申し込み:FAXまたは申込フォームから
FAX:029-838-6440
参加申込書はサツマイモとクリの新品種マッチングフェアー特設ページからダウンロード
フォーム:サツマイモとクリの新品種マッチングフェアー「申込みフォーム」

 

(関連記事)
ミカン、リンゴなどの栽培面積減る(18.10.18)
あの時代 農家も飢えていた(1)【上山信一・農林中金元副理事長】(18.10.17)
産出額全国1のさつまいもを特集 茨城県の10月のニュースレター(18.10.04)
【JA新代表に聞く】第5回 渡邊博康・JA串間市大束代表理事組合長(18.07.05)
クリの収穫量は13%増 29年産農水統計(18.04.04)
渋皮剥きやすい早生クリ「ぽろすけ」誕生(17.03.14)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る