想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

産出額全国1のさつまいもを特集 茨城県の10月のニュースレター2018年10月4日

一覧へ

 茨城県は、10月のニュースレターで「金色いばらき特集」を行い、茨城のさつまいもを多角的にPRしている。

 同県が毎月月初に発行しているニュースレターで、10月は同県が全国1の産出額を誇り、栽培面積・生産量でも全国2位のさつまいもを取り上げ、「金色いばらき特集」をしている。さつまいもの品質・品種・スイーツ店・日本初のミュージアム・大収穫祭、焼き芋や干し芋の作り方・ルーツ等を紹介している。
 美味しさの秘訣は、茨城には水はけのよい火山灰土壌となだらかな傾斜地があり、品質を保つキュアリング処理や低温貯蔵によるでん粉糖化後に出荷できる点にある。
 また昨年、さつまいもの普及・拡大への取り組みで「JAなめがた甘藷部連絡会」と「なめがたファーマーズヴィリッジ」が農林水産祭で天皇杯を受賞したことも言及している。

 

(関連記事)
JA串間市大束「ヤマダイかんしょ」、JAいわでやま「岩出山凍り豆腐」がGI登録(18.08.08)
【JA新代表に聞く】第5回 渡邊博康・JA串間市大束代表理事組合長(18.07.05)
かんしょ専用新アドマイヤー粒剤販売開始 バイエル(18.02.27)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
【後半】焼き芋を武器に所得向上 JAなめがた(茨城県)(17.11.08)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る