左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

静岡でサポート付き農園 (株)アグリメディア2018年12月6日

一覧へ

 (株)アグリメディアは、静岡県の上場企業と組み、静岡県にサポート付き市民農園を開園する。同社は、首都圏や関東で、企業の農業参入コンサル事業を行っており、あらたに地方での展開を目指す。

 地方での第1号となるサポート付き市民農園は、静岡市清水区内の約1000平方mの農地に開園。畑を80区画に分け、区画ごとに使用者が契約して野菜づくりを行う。月額5800円(入会金1万円)で、野菜づくりに必要なさまざまなサポートがある。
 相方の上場企業TOKAIホールディングスは、農作業に必要な農具や季節に応じた種子や苗を用意し、水道や休憩所などを畑に設けた「みんなのはたけ」を運営・管理する。
(株)アグリメディアはこのようなサポート付き市民農園「シェア畑」を2012年から展開しており、現在は首都圏を中心に約80か所まで拡大している。同社は「農地の有効活用・地域活性化に貢献したい」としている。なお、都市農地に関しては、2018年に都市農地貸借法が施行され、農地の所有者が企業に貸しやすくなっており、これが追い風にもなっている。

 

(関連記事)
飲食業界の人材事業に参入 アグリメディア(18.10.04)
貸し農園「シェア畑」 日本農業検定を導入(15.01.19)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る