Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

貸し農園「シェア畑」 日本農業検定を導入2015年1月19日

一覧へ

 一般市民向けの栽培サポート付き貸し農園「シェア畑」を展開する(株)アグリメディアは、全国農協観光協会と連携し、シェア畑に日本農業検定を導入することを決めた。

nous1501190302.jpg シェア畑は、「畑で楽しむ週末」をコンセプトにした貸し農園だ。野菜作りを指導してくれる菜園アドバイザーによる講習会のほか、種や苗、農具などもすべて農園に準備されているので手ぶらで野菜作りを楽しむことが出来るのが特徴だ。現在、南関東1都3県で27の農園を運営しており、菜園アドバイザーは65人が在籍している(いずれも27年1月現在)。農園は随時募集中であり、菜園アドバイザーは年内に120人へと倍増させる見込みだ。
 日本農業検定は全国農協観光協会が、日本農業の理解者・応援団をつくることを目的に2013年度からスタートした新しい資格で、農業の基礎知識として「栽培」「食」「環境」「農業全般」の4分野を段階的に修得できる。
利用者に野菜作りをアドバイスする菜園アドバイザー(右) アグリメディアでは、まずシェア畑の従業員向けに同検定を導入し、菜園アドバイザーのレベルアップを図る。また、4月からは農園の利用者へのサービスメニューとして、検定を導入する考えだ。
 アグリメディアでは、検定を導入することで「日本農業の活性化に寄与することをめざす」としている。

(写真)
利用者に野菜作りをアドバイスする菜園アドバイザー(右)


(関連記事)

第2回農業検定試験を実施 全国農協観光協会(2014.11.26)

大賞にカゴメ FANアワード2014(2014.11.12)

【人事速報】農協観光 新社長に藤本隆明氏(2014.06.27)

震災復興は最優先 JAグループ支援息長く(2014.03.18)

農協観光、福島県泉崎村で太陽光発電所(2013.08.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る