左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

種子島産サトウキビの名前募集 農水省2019年2月8日

一覧へ

 農水省は2月6日、新しく誕生したサトウキビの名前を決めるため、一般に広く募集すると公表した。

新品種候補「KY10-1380」ってどんなさとうきび?? 農研機構は、サトウキビ新品種候補「KY10-1380」を開発した。特長として、多収性に優れている、株出し適性が高い、機械収穫の適性が高いといった点があげられる。また、夏は台風が常襲し、冬は霜が降りるほど低温になる種子島(鹿児島県)の気候にも適応できるという。
 このサトウキビ新品種候補「KY10-1380」に、一般の人々にも親しみやすく、種子島(鹿児島県)にふさわしい名前をつけたい考えていて、アイディアを広く募集することになった。
 募集期間は2月15日正午まで。応募フォーム(さとうきびに名前をつけてみませんか?:農林水産省)で受け付けている。
 募集したアイディアを基に関係者が検討し、結果をホームページで発表する。なお、一度に複数の名前を応募することが可能だが、既存の品種名(他の作物を含む)や、著名な人名や商標と同一なものは無効となる。(例・コシヒカリ、美空ひばり、シャネルなど)

 

(関連記事)
【現地レポート・JAおきなわ(沖縄県)】サトウキビは島を守り島は国境を守る(1)(18.01.11)
【対談】JAおきなわ×伊是名村 島の産業とくらし守る農協(16.10.06)
【現地ルポ・JAおきなわ(沖縄県)】新たな特産物を発掘 地域の消費の創出も(13.11.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る