左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

未来につながる持続可能な農業推進コンクール受賞者決まる2019年2月20日

一覧へ

 農水省は、「平成30年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の受賞者を決定した。3月15日、表彰式とともにシンポジウムを行う。

 持続可能な農業の確立を目指し、意欲的に経営や技術の改善に取り組んでいる農業者らを表彰し、意欲を喚起し国民の理解を深めることを目的に実施されている。
 各部門の受賞者は次の通り(敬称略)。
▽GAP部門
・農林水産大臣賞 斉藤農場(千葉県)
・生産局長賞 リッチフィールド(株)(神奈川県)、JA北魚沼GAP部会(新潟県)、大分県立三重総合高等学校久住校(大分県)
▽有機農業・環境保全型農業部門
・農林水産大臣賞 (有)かごしま有機生産組合(鹿児島県)
・生産局長賞 香の宮F&A大畑安夫(島根県)、(株)アグリーンハート佐藤拓郎(青森県)、JAみどりのパルシステム米栽培研究会(宮城県)
 なお、表彰式は3月15日(金)午後1時半から、同省本館7階講堂で行われる。同日開催のシンポジウムは、定員250人まで入場できるが事前の申し込みが必要。農業推進コンクール表彰式・シンポジウムの開催について(専用フォーム)で3月8日午後5時まで受け付けている。

 

(関連記事)
持続可能な農業の実現に向けて 「全農リポート2018」発行(18.09.27)
【インタビュー・立石幸一JA全農参事】GAPに取り組み選ばれる産地に(18.04.09)
地域農業と担い手の発展へ 水田フル活用の推進を(16.01.13)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る