想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「地球規模で考える気候変動と農山漁村」 シンポジウム開催2019年2月26日

一覧へ

 農水省は5月13日から3日間、農業における国際的状況や、気候変動に対応した農業技術などを紹介するシンポジウムを開く。

「地球規模で考える気候変動と農山漁村」 シンポジウム開催 農水省は 近年、異常気象による災害が世界各地で発生し、食料生産にも甚大な被害を引き起こしているが、"毎日食事をする私たちにできることは何か"、国内外の識者から事例を聞き、議論する。
 初日の5月13日午前10時からは、「2℃目標を達成するための農業の役割」 をテーマに、マルタ・アンドレア・アルファロ・バレンズエラ氏の基調講演が行われる。
 2日目の14日は滋賀県内をめぐる「フィールドツアー」が8時半から実施される。
 最終日15日は、農業者と研究者をつなぐワークショップが午前9時半から行われる。
 いずれも参加無料で定員がある。希望者は、気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム 地球規模で考える気候変動と農山漁村(専用ページ)から4月25日までに申し込む。
 詳しくは、農水省ホームページ「気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム『地球規模で考える気候変動と農山漁村』の開催及び参加者募集について」で確認を。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る