左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

九州・四国・近畿・北陸が梅雨明け-気象庁2019年7月24日

一覧へ

 気象庁は7月24日午前11時に、九州北部、南部、四国、近畿、北陸の梅雨明けを発表した。

 平年より遅い梅雨明けが多く、その差は九州南部が10日、九州北部が5日、四国が6日、近畿は3日。北陸は平年と同じだった。
 気象庁予報部が発表した向こう1週間(7月25日から31日)の天気予報では、北日本は前半は気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや雨もあるが、後半は高気圧におおわれ晴れの見込み。東日本も後半は高気圧におおわれて晴れの見込み。ただ、27日から28日にかけては台風に発達する予想もある熱帯低気圧の動向次第で荒れた天気や大雨のおそれもあるとしている。
 西日本は期間のはじめは湿った空気の影響で雲が広がりやすいが、その後は高気圧におおわれておおむね晴れる見込み。沖縄・奄美も高気圧におおわれ晴れる見込み。
 最低気温と最高気温はともに、北日本では平年より高く、平年よりかなり高いところもある見込み。東日本と西日本は平年並みか平年より高い日が多い見込み。沖縄・奄美は平年並みか平年より低い見込み。

 

(関連記事)
日照不足続く 気象庁が注意呼びかけ(19.07.22)
低温・日照不足対策の徹底を-農相(19.07.17)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る