農政 ニュース詳細

2019.08.09 
愛知で豚コレラ 国内35例目一覧へ

 農林水産省は8月9日、愛知県豊田市で豚コレラの擬似患畜を確認したと発表した。国内35例目となる。

農場は野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた。307頭が飼養されていた。8日に飼養豚の異常が報告され、家畜防疫員による立入検査と家畜保健衛生所での検査で擬似患畜と判明した。

(関連記事) 
イノシシからの感染 8割以上-豚コレラ(19.08.09)
早期出荷を促進-豚コレラ対策(19.08.01)
豚コレラ34例目 福井県で確認(19.07.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ