左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

末松農水次官と作家の佐藤優氏、今野全青協会長がトークセッション アグリビジネス創出フェア2019年10月16日

一覧へ

 農林水産省は、全国の産学の機関が持つ農林水産・食品分野などの最新の研究成果を紹介する国内最大級の技術・交流展示会「アグリビジネス創出フェア2019」を、11月20日(水)から22日(金)までの3日間、東京ビッグサイト西ホール(東京都江東区)で開催する。

 同フェアは、全国の産学の機関が、最新の研究成果や新技術を提示や出展者によるプレゼンテーションでわかりやすく紹介。これまでに出展者と来場者(研究機関と事業者)のマッチングの場として開催され、今年で16回目となる。昨年は3日間で約3万8000人が来場した。

 今回のフェアでは、134の機関(全国の大学、地方公共団体、国立研究開発法人などの研究機関など)が出展。また、主催者出展では「スマート農林水産業」をテーマに、最新の研究成果を展示プレゼンテーションなどで紹介する。
 11月20日(水)の12時20分から14時10分には、会場のメインステージで「特別トークセッション」が開催され、作家の佐藤優氏と農林水産事務次官の末松広行氏、全国農協青年組織協議会会長の今野邦仁氏が「若者と語る『スマート農業から描く未来』 未来デザイン=スマート農業×若者力」をテーマに語り合う。
 同フェアの概要は次のとおり。

▽名称 アグリビジネス創出フェア2019
▽開催日時 11月20日(水)?22日(金)10時?17時※初日の20日は9時45分から開会セレモニー
▽会場 東京国際展示場(東京ビッグサイト)西4ホール(東京都江東区有明3?10?1)
▽主催 農林水産省
▽出展者数 134機関
▽入場料 無料(事前または当日登録が必要)
▽来場者数 延べ3万5000人以上(目標)
▽展示エリア 会場内を「農業」「林業」「水産」「畜産」「食品」「エネルギー・環境」「総合」の7つの技術ジャンルの出展ゾーンに区分。
▽実施イベント

11月20日【メインステージ】
○基調講演 11時?12時「日本農業を変えるスマート農業最前線」北海道大学農学研究院基盤研究部門教授 野口伸氏
○特別トークセッション 12時20分?14時10分
「若者と語る『スマート農業から描く未来』 未来デザイン=スマート農業×若者力」
パネリスト 作家 佐藤優氏、農林水産事務次官 末松広行氏、全国農協青年組織協議会会長 今野邦仁氏

(関連記事)
・【鼎談・農業協同組合に望むこと】末松広行農水事務次官、佐藤優氏、谷口信和東大名誉教授 <1>地域が求める農協の役割 感覚を研ぎ澄まし追求を(2019.10.15)

・【鼎談・農業協同組合に望むこと】末松広行農水事務次官、佐藤優氏、谷口信和東大名誉教授 <2 >自給率向上は政府と国民全体の課題(2019.10.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る