農政 ニュース詳細

2020.02.20 
SDGsと生物多様性でシンポ 農水省一覧へ

 農水省は2月17日、東京の同省本庁で、SDGs×生物多様性シンポジウム「未来を創る食農ビジネル」についてのシンポジウムを開いた。寺島実郎・日本総研会長や橋本禅・東京大学大学院准教授の講演をもとにトークセッションを行った。

 このシンポジウムは、「農林水産省生物多様性戦略(2012年改訂)の見直しを行うため、有識者による研究会」で検討している研究会の成果を報告すると共に、持続可能な生産・消費を実現するためのビジネスのヒントを探るため開いた。

 特別講演として話した寺島会長は「食と農の感受性を取り戻さなければならない」と言う。日本と世界のGDP(国内総生産)の変化に触れ、1988年世界の16%を占めていた日本のGDPが、30年後の2018年には6%まで落ち込んでいるこれに対して日本を除くアジアは6%が23%と4倍近く伸びている。同会長は「これは日本の埋没」と指摘する。

 一方、食料自給率はカロリーベースで1965年の73%から80年53%、そして2018年には37%まで下落。「世界で10億人以上が飢餓線上にあるなかで、『日本は世界最大の食料輸入国』という愚かさ」と、その危険性を指摘した。

 また基調講演した橋本准教授は、「農水省生物多様性戦略の見直しに関する有識者研究会」の提言として、農林水産業や農山漁村が育む生物多様性について、その重要性を「国民一人ひとりに理解してもらい、持続可能な農林水産業の確立に貢献することが重要」と強調した。

 その上で、「新戦略」では、農林水産業や農村が持続することによって生じる「正」と「負」の影響を明確にして「環境と経済を両立させるため、農林漁業者の理解を深めることが重要」ということを「生物多様性戦略」に記載することを明らかにした。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ