左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「わたしの美しの森 フォトコンテスト」19点が入賞 林野庁2020年2月21日

一覧へ

 林野庁を含む「わたしの美しの森 フォトコンテスト」実行委員会は、2月16日に、2019年度「わたしの美しの森 フォトコンテスト」の受賞作品を決定した。

 このフォトコンテストは、林野庁ほか同実行委員会が、より多くの国民に、森林・山村地域の魅力を伝え、森林への関心を呼び起こし、山村地域との交流・理解の深化を進め、地域のサービス産業が生まれるきっかけや、その機会を提供することを目的に開催した。

 令和元年6月3日から10月7日の間、日本国内の森林や山村地域の魅力的な風景や場面を撮影した写真を募集し、全国から各地の森林や生き物の特徴、絶景を捉えた612点の応募があった。

 審査は、写真家の福田幸広氏と米(よね)美知子氏などによる審査を経て、合計19点の入賞作品が選定された。

 これら作品は今後、林野庁ほか同実行委員会および協賛・協力企業が実施する各種展示会や広報活動などで幅広く活用される予定。なお、作品は以下の林野庁のWebサイトで見ることができる。
【2019年度「わたしの美しの森 フォトコンテスト」の選賞について】

 賞名・入賞者(敬称略)・作品名は次のとおり。(それぞれクリックで拡大)

居原田晃嘉「悠久の時を経て」▽林野庁長官賞
居原田晃嘉「悠久の時を経て」(※撮影場所:京都市「糺(ただす)の森」下鴨神社)


加納顕悟「槍望むライチョウ」▽審査員特別賞
加納顕悟「槍望むライチョウ」(撮影場所:長野県安曇野市燕(つばくろ)岳)

長谷川裕二「しげみの中でカフェオレ見つけた」▽審査員特別賞
長谷川裕二「しげみの中でカフェオレ見つけた」(撮影場所:長崎県佐世保市五蔵(ごぞう)池)


▽協賛企業特別賞 (公財)イオン環境財団賞
星野郁男「霧の白樺林」
▽協賛企業特別賞 三井住友信託銀行(株)賞
西山宏「秋を装う三方岩岳」
▽協賛企業特別賞 (株)内田洋行賞
南真次「磨丸太」
▽景観部門優秀賞 全国森林レクリエーション協会会長賞
袰岩正克「冬への懸橋」
▽景観部門優秀賞 全国山の日協議会理事長賞
白山健悦「ブナ林の根開き」
▽生命部門優秀賞 日本森林林業振興会会長賞
原田健治「運べ!一直線!!」
▽生活部門優秀賞 国土緑化推進機構理事長賞
中村知子「ちいさな大冒険」
▽審査員賞
木下滋「朽木が育む」
▽審査員賞
小林三希子「かくれんぼ」
▽北海道森林管理局長賞
※1 折笠吉夫「水面に立ち上がる枯れ木」
▽東北森林管理局長賞
櫻井勝美「雪みどりの森」
▽関東森林管理局長賞
佐藤克實「どんと焼きの朝」
▽中部森林管理局長賞
大黒俊明「三宝山からの富士」
▽近畿中国森林管理局長賞
※2 高田昌弘「修行の場」
▽四国森林管理局長賞
川崎仁美「美しの森への入口」
▽九州森林管理局長賞
奥村克「トロの目」

※1 吉は本来異体字です
※2 高は本来異体字です

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る