Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

テレワーク、時差出勤 関係業界にも依頼 新型コロナウイルス対策-農水省2020年2月25日

一覧へ

 農林水産省は2月25日、新型コロナウイルスに関する農林水産省対策本部の第3回会合を開いた。

2月25日に開催された新型コロナウイルスに関する農林水産省対策本部の第3回会合2月25日に開催された新型コロナウイルスに関する農林水産省対策本部の第3回会合

 江藤拓農林水産大臣は会合で「大規模な感染拡大が認められたわけではないが、この時期に確実かつ効果的な拡大防止策をとることは極めて重大だ」として本省では25日からテレワーク、時差出勤に取り組んでおり、これを地方でも取り組むことを求めた。

 あわせて発熱などの症状がある職員は休むことを徹底するよう幹部職員に指示するとともに、本来業務であるCSFなどの侵入まん延防止もしっかり進めながら、PCR検査で「協力できるものは協力していきたい」と述べた。

 また、食品産業や外食産業などとネットワークを持っていることから、関連業界に対して「テレワークや時差出勤などを励行するよう、省を通じてお願いを」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る