農政 ニュース詳細

2020.03.24 
農家へ向けた婚活支援スタート マイナビ農業一覧へ

 マイナビが運営する農業情報サイト「マイナビ農業」は、月間6万人が参加する婚活パーティーサービス「PARTY☆PARTY」と提携し、農家へ向けた婚活支援を始めた。地方自治体を対象に、農家の担い手不足の解決をめざす。

「PARTY☆PARTY」×「マイナビ農業」
 農家の高齢化などにより、担い手不足が課題となる中、各自治体は婚活パーティーや首都圏の女性を対象とした婚活ツアーなどを行い、結婚による移住や少子化対策を図っているが、成果につなげることは難しい。そこで、マイナビは農業を営む独身者の婚活を後押しするため、婚活に関するノウハウを持ち、「PARTY☆PARTY」を運営するIBJ(東京都新宿区)と提携し、担い手不足の支援を始めた。

 従来の婚活ツアーは、地域の魅力や住みやすさに焦点を当てる傾向にあったため、成婚につながりにくかったとして、地域の生活環境や支援制度を紹介しながら、その地域で暮らす農家の独身男性との出会いを提供する。IBJ独自の婚活システムを利用し、事前の特設告知によりその地域に住む人の魅力を伝え、当日は地域の特産物をふるまうなど、成果につながる婚活支援をめざす。

 これに先立ち、2019年12月と今年2月に北海道で行われた婚活イベントでは、特産野菜を使ったイタリア料理を楽しみながら交流し、複数のカップルが成立したという。

 問い合わせは、マイナビ農業活性事業部(電話)03-6667-1181。
 

北海道内の農協と共催で行われた婚活イベントの様子北海道内の農協と共催で行われた婚活イベントの様子

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ