左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

元年農業景況DIは改善の動き 日本公庫の1月調査2020年3月27日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、融資先の担い手農業者を対象に「農業景況調査(令和2年1月調査)」を実施し、調査結果を公表した。

図=農業景況天気図(平成30年実績、令和元年実績、2年通年見通し) 調査結果の概要は次のとおり。
▽令和元年の農業景況DI※(6.0)は、前年から17.1ポイント上昇しプラス値となり、改善の動きが見られる。
▽令和2年の景況DIの見通し(2.7)は、令和元年実績から3.3ポイント低下したがプラス値を維持する見込み。
▽雇用状況DI(▲34.9)は大幅なマイナス値が継続し、依然として深刻な労働力不足の状況にあることを示している。

 なお、この調査(令和2年1月実施)における見通しの回答には、新型コロナウイルス感染症の拡大によるイベントの自粛、臨時休校による学校給食の中止などや入国規制などの影響は考慮されていない。

(※)DI(Diffusion Index=動向指数)とは、前年と比較して「良くなった」とする回答の割合から、「悪くなった」とする回答の割合を差し引いた値。上向き、下向きといった方向感を捉える指標。

 
図=農業景況天気図(平成30年実績、令和元年実績、2年通年見通し)(クリックで拡大)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る