左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

拙速な審議は延期を-種苗法改正 種子を守る会2020年4月15日

一覧へ

 日本の種子を守る会(八木岡努会長)はコロナウイルス対応の緊急事態下での種苗法改正法案の国会審議は延期すべきであると主張している。

 同会は4月9日に見解を公表した。そのなかで種苗法改正法案は農業者への影響が甚大であると想定されることから十分な時間をとり幅広い意見を反映させて審議されるべきとして「現在の新型コロナウイルス対応の緊急事態のなかでの拙速な審議は延期すべき」と主張している。

 改正法案については登録品種の自家増殖についての許諾料負担など農家経営への影響を懸念しているほか、国内の伝統的在来種について、調査と保存と育成に関する法律を制定すべきと提起。人口が急増するなか地域にねざした農業の保全こそが求められているとして、そのための法制度を求めている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る