想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産ジビエ認証施設に「サロベツベニソン」を認証 農水省2020年10月13日

一覧へ

農林水産省は10月9日、国産ジビエ認証制度にかかる認証機関により、国産ジビエ認証施設(第16号)として、北海道豊富町の食肉処理施設、(株)サロベツベニソンが認証されたと発表した。

食肉処理施設外観食肉処理施設外観

国産ジビエ認証委員会により登録された認証機関である(一社)日本ジビエ振興協会で、認証申請があった「サロベツベニソン」を審査し、制度に規定するすべての要件を満たすと認められたため、同日付で「国産ジビエ認証施設(第16号)」の食肉処理施設に認証された。

今回認証された国産ジビエ認証施設の概要は次のとおり。

施設名:(株)サロベツベニソン(所在地:北海道豊富町)
事業者名:サロベツベニソン
代表者名:西森功氏
取扱獣種:シカ

「えぞシカ肉の角煮」の缶詰「えぞシカ肉の角煮」の缶詰

【取り組みの概要】
地域のエゾシカによる食害被害に歯止めをかけるため、同処理施設及び一時養鹿施設を整備。処理施設は、ISO22000の取得の他、エゾシカ衛生処理マニュアルに基づく徹底した衛生管理を実施し、安全性の高い、高品質なエゾシカ肉を提供している。また、一般の人が食肉としてエゾシカ肉を広く認識するよう、精肉のみならず、ソーセージ、ジャーキー、ジンギスカン、缶詰等を商品開発。鹿肉の認知度向上や販路拡大を図ることにより、地域活性化に貢献している。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る