Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

海洋放出決定「極めて遺憾」-菅野孝志JA福島五連会長2021年4月13日

一覧へ

政府が事故を起こした福島第一原発で増え続ける処理水の海洋放出を決めた4月13日、JA福島五連の菅野孝志会長(JA全中副会長)は「福島県の第一次産業に携わる立場として極めて遺憾」とする談話を発表した。

菅野孝志JA福島五連会長

菅野会長は、政府が説明する風評被害の発生抑止対策には具体性がないことや、事故後10年経った現在でも農林水産物の風評被害が継続している実態を指摘、「ALPS処理水の海洋放出は海産物ばかりでなく、本県農林水産業の衰退が加速するとともに風評被害を拡大することは確実である」と批判。

政府に対して「さらなる研究開発により放射性物質の完全除去が可能となる技術開発を進めるとともに、その間は貯蔵タンクの増設などにより本県農林水産物の安全・安心情報を守るよう切望する」と強調した。

【合わせて読みたい記事】

海洋放出に強く抗議-JF全漁連(21.4.13)

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る