JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
バイエルクロップサイエンス:SP

海洋放出に強く抗議-JF全漁連2021年4月13日

一覧へ

東京電力福島第一原発で増え続ける処理水について、政府は4月13日の関係閣僚会議で海洋放出する方針を正式に決定した。これを受けてJF全漁連(全国漁業協同組合連合会)は岸宏会長が決定に対して「極めて遺憾。到底容認できるものではない」と強く抗議する声明を出した。

JF全漁連(全国漁業協同組合連合会)岸宏会長JF全漁連(全国漁業協同組合連合会)岸宏会長

岸会長は4月7日に首相官邸を訪ね菅義偉総理に対して「漁業者・国民の理解を得られないアルプス処理水の海洋放出には、JFグループとして断固反対」と申し入れ、慎重な判断を強く求めた。面会後も断固反対であると記者団に強調していた。
声明では「それにも関わらず本方針が決定されたことは極めて遺憾。到底容認できるものではない。今後とも海洋放出反対の立場はいささかも変わるものではない」と強く抗議している。

国の回答覆し 漁業者の思い踏みにじる

また、福島県漁連の要望に対して、アルプス処理水について国は関係者の理解なしにはいかなる処分も行わないことを明確に回答していることを指摘し「なぜ関係する漁業者の理解を得ることなくこの回答を覆したのか、福島県のみならず全国の漁業者の思いを踏みにじる行為」だと強く批判するとともに、以下の5項目の対応を求めた。

(1)漁業者・国民への説明:全国の漁業者をはじめ多くの国民から海洋放出反対の意見が出されてきた中で、国として、なぜ海洋放出の方針決定を行ったのか、漁業者・国民に責任をもって説明することを求める。

(2)風評被害への対応:海洋放出の方針決定により当面生じる風評被害と、将来、実際に海洋放出が行われた場合に生じる風評被害に、国の責任においてどのように対処するのか、明確に示すことを求める。

(3)アルプス処理水の安全性の担保:海洋放出されるアルプス処理水の安全性を、どのように国内外に説明し、担保していくのか、国の責任において具体的かつ明確に示すことを求める。

(4)漁業者の経営継続:福島県ならびに近隣被災県の漁業者、そして全国の漁業者が安心して子々孫々まで漁業が継続できるための方策を、国の責任として明確に示すことを求める。

(5)継続保管等の継続的検討:半減期効果を念頭に置いた敷地内における更なるタンク増設による保管継続や新たな処理・保管方法等の検討など、あらゆる可能性について国の責任で継続的に検討・実施していくことを求める。

中家全中会長 農林業も含め「施策徹底を」

この問題に関してJA全中の中家徹代表理事会長は4月8日の定例会見で「農産物も風評被害を受けた。10年経った今も国のなかにはまだ輸入拒否をしているところもある。現場での丁寧な説明もさることながら、漁業者をはじめ農林業者に対して被害を受ける方々の救済措置には万全を期す、あるいは風評が起こらないような施策を徹底してやってもらう必要があると思っている」と述べ、福島の農林漁業全体への影響を考えるべきだと強調した。


【合わせて読みたい記事】

海洋放出決定「極めて遺憾」-菅野孝志JA福島五連会長(21.4.13)

【インタビュー・JF全漁連岸宏会長】漁業は国境の監視人(上)(16.12.31)

【インタビュー・JF全漁連岸宏会長】漁業は国境の監視人(下)(16.12.31)


緊急特集:原発処理水海洋放出

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る