Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国民運動「ニッポンフードシフト」スタート-農水省2021年7月21日

一覧へ

農林水産省は7月20日、「食料・農業・農村基本計画」に食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を開始すると発表した。

「ニッポンフードシフト」ロゴ「ニッポンフードシフト」ロゴ

昨年3月に閣議決定された基本計画では、消費者が国産農畜産物を積極的に選ぶ状況を作り出すため、食育や地産地消などを消費者、農協、食品関連事業者などを含め官民が協働した新たな国民運動を展開することを盛り込んだ。それによって「農は国の基との認識が国民全体で共有され、国民の理解と支持が得られるようにしていく」と記述した。

野上浩太郎農相は20日の定例会見で農業や農村に対する国民の意識・関心は薄れてきていることを指摘、「これからの日本、自分たちの食を確かなものとしていくためには、消費者と生産者が一体となって自分たちの課題と捉え行動変容につなげていく必要がある」と話した。

農水省はシンポジウムなどを開催するほか、公式ウェブサイトを開設し情報を発信。国民から食にまつわるアイデアなども募集していく。

【公式ウェブサイト】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る