JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

食品ロス削減へ 商慣習見直しに取り組む事業者を募集 農水省2021年8月24日

一覧へ

農林水産省は、食品ロス削減の取組の推進のため、10月30日を「全国一斉商慣習見直しの日」とし、食品ロス削減に向けた納品期限の緩和や賞味期限表示の大括り化など商慣習の見直しに取り組む食品事業者を募集。応募した事業者名など公表する。

食品事業者が、消費者、従業員、株主、取引先、自治体などのステークホルダーから「選ばれる企業」となるためには、SDGs達成への取組が判断材料のひとつとなっている。中でも商慣習の見直しを通じた食品ロス削減は重要な取組といえる。農水省は、食品ロス削減に取り組む食品事業者が、その取組を消費者に情報発信することで、消費者に、食品ロス削減に取り組む事業者の商品や店舗の積極的な利用を促すため、商慣習の見直しに取り組む事業者を募集。その事業者名などを「全国一斉商慣習見直しの日」の10月30日に公表する。

募集対象は、(1)推奨3品目(飲料、賞味期間180日以上の菓子、カップ麺)とその他加工食品の納品期限の緩和、(2)推奨3品目とその他加工食品の賞味期限表示の大括り化(年月表示、日まとめ表示)に、10月30日時点で取り組んでいる、または取り組む予定の食品小売業者と製造業者。応募は必要書類を9月30日17時までにメールで提出する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る