Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

現場第一の農政心がけ-野上農相が退任会見2021年10月4日

一覧へ

菅首相は10月4日午前の臨時閣議で閣僚の辞表を取りまとめ、菅内閣は発足から1年あまりで総辞職をした。臨時閣議のあと農林水産省で野上前農相が退任会見を行った。

野上農相

このなかで野上大臣は、新型コロナウイルス感染症との闘いの1年のなかで、鳥インフルエンザや豚熱などの家畜伝染病や自然災害の発生など緊急の課題に「大きな緊張感のなか全身全霊で取り組んできた」と話すとともに、輸出実行戦略や、みどりの食料システム戦略など、「中長期を見据えた新たな政策の方向性を示すことができたのではないか」と述べ、若い世代が将来を託すことができる農林水産業にするためには「現場第一を基本に生産者から事業者、消費者までは幅広い関係者の協力が必要だという思いだ」と振り返った。

みどり戦略については地球温暖化や、コロナ禍で発生したサプライチェーンの混乱などをふまえ、持続可能な食料システムをつくっていくために、CO2の削減や有機農業の拡大など、意欲的な目標を掲げ、食料システムサミットやG20農相会合などを通じて「国際的にも発信できた」と話す。
一方、吉川貴盛元農相の鶏卵事業者から現金受領事件に関連し、農水省職員も処分された問題について「二度と繰り返すことがないよう真摯に反省しなければならない。第3者委員会の勧告をふまえて対策を徹底することに尽きる」と述べた。
在任期間中のこの1年は過去最大規模の作付け転換を現場に求めるなど、米の過剰が問題になっている。この点については野上大臣は「需要に応じた生産と販売が必要」と退任会見でも強調した。

新農相に内定している参議院議員の金子原二郎元参院委員長には「経験豊富で非常に落ち着いた腹の据わった方。現場に寄り添って取り組まれることを期待したい」と述べた。 
 

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る