Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農食分野のニーズ・シーズ マッチングイベント初共催 農水省×経産省×中小機構2021年10月7日

一覧へ

農林水産省、経済産業省と中小機構は11月5日、フードテック関連技術を有する企業と食品関連の大手・中堅企業との共創対話を促進するため、「食関連分野オープンイノベーション・チャレンジピッチ」を開催。地域の農林水産業・食品産業の振興と、地域の中堅・中小企業、スタートアップの稼ぐ力の向上をめざす。

連携イメージ連携イメージ

大規模自然災害や地球温暖化などの環境問題が顕在化する中、拡大する世界の食料需要に対応するため、農水省は農林水産・食品分野に異分野の知識・技術・アイディアを導入し、産学連携でのオープンイノベーションを目指す取組「『知』の集積と活用の場」を推進。また、経産省と中小機構は、新たな価値創出のため共同開発・協業ニーズを発信する共創サイト「オープンイノベーション・マッチングスクエア(OIMS)」の運営を、それぞれ独自に進めてきた。これらの取組を連携させ、食関連分野のパートナーを探索したい企業等と、優れた技術・サービスを持つ地域企業やスタートアップのマッチングを図り、新たな事業創造を後押しする。

「食関連分野オープンイノベーション・チャレンジピッチ」では、大手・中堅企業が発信したニーズに対して、聴講した産業支援機関・金融機関及び大学のコーディネーターらが、シーズを持つ企業・大学を引き合わせることで、ニーズとシーズのマッチングを促進する。

◎開催概要
日時:11月5日 13時30分~15時30分
開催方法:オンライン
対象:自治体、支援機関、地域金融機関、VC、大学、研究機関、地域企業、スタートアップ等
申込方法:「オープンイノベーション・チャレンジピッチ」Webサイトから

【「オープンイノベーション・チャレンジピッチ」申し込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る