Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

法人と地域をマッチング「農業参入フェア2021」開催 農水省2021年10月12日

一覧へ

農林水産省と日経ビジネスは11月17日、農業参入を希望する法人と法人を誘致したい地域をマッチングする「農業参入フェア2021」を開催。地域での農業経営を考える法人など参加者を募集している。

2009年の農地法改正により、リース方式による法人の農業参入が全面自由化され、農地所有適格法人以外の法人も改正前の約5倍のペースで参入。農地を利用して農業経営を行う法人は着実に増加している。

法人は、地域農業の担い手として、地域の発展に大きく貢献できる可能性があるため、法人の農業参入を積極的に推進する必要がある。また、農地バンクを活用することで、これまでのように農地所有者と個別に交渉する必要がなくなり、まとまった農地を一括して農地バンクから借り入れられるようになったことから、より参入しやすくなっている。こうした状況から、農業参入を希望する法人と法人を誘致したい地域などの関係者を集め、取組事例の発表、都道府県・農地バンクと参入希望法人とのマッチングなどを行う。

◎開催日時と会場
<東京会場>日時:11月17日 13時~17時30分会場:東京国際フォーラム B7
<大阪会場>日時:12月2日 13時00分~17時30分会場:大阪国際会議場 3Fイベントホール
<福岡会場>日時:12月10日 13時分~17時30分会場:福岡国際会議場 多目的ホール

◎参加方法
参加費用:無料
申込方法:農業参入フェア事務局の日経BP社のセミナーサイトから申し込む。

◎内容
セミナー:
・参入法人による取組事例の発表
・経済専門家によるコロナ禍の世界経済と日本農業への影響に関する講演・農業専門家による法人の農業参入の動向
・分析に関する講演

相談コーナー:
・法人を誘致したい都道府県や農地バンクが法人の個別相談に応じるブース
・既に農業参入を行っている法人が、法人を誘致したい地域や新規参入を検討している法人の個別相談に応じるブース
・農業法人等が農業経営に関する個別の相談に応じるブース
・日本政策金融公庫が資金面に関する相談に応じるブース
・国が制度面に関する個別の相談に応じるブース

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る