JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ドイツからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止を解除 農水省2021年10月15日

一覧へ

農林水産省はドイツにおける鳥インフルエンザの清浄性を確認し、同国からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を10月14日に解除した。

ドイツのシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州の採卵鶏農場において、高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生が確認されたことから、農水省は、2020年11月以降、ドイツ全土からの生きた家きんと、当該州からの家きん肉等について輸入を一時停止していた。

また、その後高病原性鳥インフルエンザの発生が確認された同国の11州(メクレンブルク・フォアポンメルン州、ニーダーザクセン州、ブランデンブルク州、ザクセン州、テューリンゲン州、バイエルン州、ノルトライン・ヴェストファーレン州、ベルリン州、バーデン・ヴュルテンベルク州、ザクセン・アンハルト州及びブレーメン州)からの家きん肉等についても、輸入を一時停止していた。
このほど、ドイツ家畜衛生当局からの情報提供で、これら12州での家きんにおける同病の清浄性を確認し、一時輸入停止措置を解除した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る