JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農食分野の「知」の最前線をハイブリッド展示 ポスターセッション開催 農水省2021年10月18日

一覧へ

農林水産省が推進する『「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会』は11月1日~14日、研究シーズなどを紹介するポスターセッションを開催。会場とオンラインのハイブリッド展示で「知」の最前線を届ける。

『「知」の集積と活用の場』は、農林水産・食品分野に他分野のアイデア・技術などを導入し、産学連携で新たな商品化・事業化をめざすオープンイノベーションの取組として2016年にスタート。現在、4000を超える企業や大学、研究機関等が参加している。その中で、共通の課題に対して会員が集まって研究構想やビジネスモデルづくりに取り組む「研究開発プラットフォーム」と、各プラットフォームの中で具体的な研究や製品開発を行う「研究コンソーシアム」が多数設立され、研究開発活動が行われている。

研究シーズなどを紹介するポスターセッションは、会場とオンラインのハイブリッド展示で開かれ、会員以外でも閲覧できる。初日の11月1日は、13時から会場でのポスター展示と発表を行い、発表者と参加者の交流・マッチングを図る。2日目の11月2日は、ウェブ会議システムを用いて、研究開発プラットフォーム等による成果発表のライブ配信やオンラインで交流する。また、11月1日~11日14日の間、特設Webサイトで、ポスター展示を実施。同時に、農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)による「競争的研究資金への申請、マッチング等に関する個別相談会」をオンラインで実施する。

◎開催日時と場所

1)会場でのポスター展示
日時:11月1日 13時~17時
会場:イイノホール&カンファレンスセンター 4F Room A 他

2)オンラインセッション(ライブ配信)
日時:11月2日 13時分~16時30分
視聴方法:Web会議システム「Zoom」

3)特設Webサイトでのポスター展示
日時:11月1日~14日 22時00分

◎参加申込要領
1)会場でのポスター展示
参加費用:無料
参加方法:以下の申込フォームから事前申込
申込締切:10月29日 12時

2)オンラインセッション(ライブ配信)
参加費用:無料
参加方法:以下の申込フォームから事前申込

【ポスター展示申込】

【オンラインセッション(ライブ配信)申込】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る