JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」推進パートナー登録開始 農水省2021年10月19日

一覧へ

農林水産省は10月18日、今年度から実施している食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」に賛同する企業・団体と個人が「推進パートナー」として登録する取り組みを開始した。

持続的な食料の確保が世界共通の課題となる中、日本では食の外部化・簡便化が進む一方、食と農との距離が遠くなり、農業や農村に対する国民の意識・関心が薄れている。日本の食を確かなものとするには、消費者と生産者が一体となり、自分たちの課題と捉えて行動変容に繋げていくことが必要となる。そのために、農水省は、農林漁業者・食品事業者の努力や創意工夫について消費者の理解を深め、良いところは伸ばし、変えるべきことを変え、新しいことにもチャレンジする取組を応援する新しい国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施。その取組の一環として、食と農のつながりの深化という趣旨に賛同するすべての企業・団体と個人を対象に、「推進パートナー」を募集する。

登録すると、商品、広告、名刺などに推進パートナーとして「ニッポンフードシフト」のロゴマークが利用でき、イベントや催事などで名義を使用できる。また、ニッポンフードシフト公式ウェブサイトなどで活動内容の発信を予定している。

【「推進パートナー」登録】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る