BASFヘッドPS:大豆剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

棚田保全「たな友交流会」高島市・鵜川地区で開催 参加者募集 滋賀県2021年11月19日

一覧へ

滋賀県農政水産部農村振興課は12月4日、棚田に関心のある人を対象に、「たな友(棚田保全ボランティア)交流会」を高島市・鵜川地区の棚田で開催する。

高島市鵜川の棚田(冬)高島市鵜川の棚田(冬)

「たな友(棚田保全ボランティア)」は、多くの恵みを与えてくれる棚田を保全するため、2021年度から始まった棚田ボランティア登録制度で、棚田の農作業を手伝うサポーター。「たな友交流会」では、棚田での米づくりや棚田の手入れに必要な農機具の扱い、先進事例等を学ぶ「棚田大学」や、棚田をフィールドとした「棚田でデイキャンプ」を行い、棚田の新しい魅力を発見しながら、明日の棚田を参加者と考える。

当日は、棚田再生活動の全国先進地区・岡山県美作市上山地区で、棚田を再生してきたNPO法人英田上山棚田団の水柿大地さんを「棚田大学」のゲストに招き、英田上山棚田団の活動や「たな友」活動を、より良くしていくためのヒントなどについて聞く。

また、「たな友交流会」で予定している棚田でのデイキャンプ"たなキャン"には、交流ゲストに人気のキャンプ系YouTuber「伊豆のぬし釣り」が参加。棚田キャンプの楽しみ方を、現場で紹介しながら、滋賀の棚田の新たな魅力を見つける交流プログラムを予定している。

◎「たな友交流会」開催概要

たな友交流会QR日時:12月4日 9時30分~15時30分
会場: 高島市鵜川地区棚田・高島公民館(アイリッシュパーク小ホール)
定員:40人
参加費: 昼食代(棚田米のおにぎり他実費)500円
申込方法: FAX、メール、二次元コードから1つ選んで申し込む。
申込先: 合同会社グリーンラボラトリー(FAX)06-7632-3021、(メール)info@tanatomo.jp

【「たな友ホームページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る