ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

「東京農業大学こめプロジェクト研究」キックオフシンポジウム開催2021年11月19日

一覧へ

東京農業大学は11月22日、「東京農業大学こめプロジェクト研究」のキックオフシンポジウム 『東京農大の「食・農・環境」の取組み最前線 ~“こめ”から創る新たな未来~』をオンラインで開催する。

日本の食料自給率は37%となり、主食の米飯は1960年代をピークに消費量が減少の一途をたどっている。ここ30年の農業の衰退は食料問題だけでなく、環境問題、健康問題、地域再生とも深く関わり、産業としての農業の復活は日本の発展に係わる喫緊の課題。自然科学系、社会科学系の学問分野を持つ同大学が取り組むべき課題といえる。

「こめに関する総合的研究を行うプロジェクト構想」は、東京農大初代学長の横井時敬氏が遺した言葉「稲のことは稲にきけ、農業のことは農民にきけ」を受け継ぎ、同大学が中心となって立ち上げられたプロジェクト。5年以内に研究成果を上げることをめざし、新たな品種についての研究や新しい製品開発に関する研究、社会実装に向けた研究に着目し、「こめ」に関する研究の新展開を試みる。

◎開催概要
日時:11月22日 13:00~16:00
開催方法:Zoomによるオンライン配信
参加方法:自由参加
参加費:無料

<開催スケジュール>
【第一部】挨拶
・13:00~13:05
はじめに:東京農業大学学長 江口文陽氏
・13:05~13:15
来賓挨拶:農林水産省 農林水産技術会議事務局 局長 青山豊久氏
・13:15~13:25
来賓挨拶:JA全農 代表理事理事長 野口栄氏
・13:25~13:35
代表挨拶:東京農業大学 理事長 大澤貫寿氏

【第二部】こめに関する取り組み紹介
・13:45~14:15
農林水産省 取り組み紹介(農産局穀物課 研究調整官 前田英郎氏)
・14:15~14:45
JA全農の取り組み紹介(本所米穀生産集荷対策部次長 小里司氏)
・14:45~
東京農業大学 こめプロジェクト研究紹介
農生命科学研究所所長 上原万里子氏
ゼネラルディレクター 末松広行氏
プロジェクトディレクター 佐々木昭博氏・木村俊昭氏
プロジェクトディレクター 佐々木卓治氏・篠崎和子氏
プロジェクトディレクター 石見佳子氏

・15:30~15:45
まとめ
壇者:上原万里子氏、末松広行氏、農林水産省担当、JA全農担当
司会:名越涼氏

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る