FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

鳥獣被害 161億円 前年比3億円増-2020年度2021年12月1日

一覧へ

農林水産省は2020年度の野生鳥獣による農作物被害状況を都道府県からの報告をもとに、全国の被害状況をまとめた。

鳥獣被害 161億円 前年比3億円増-2020年度

被害金額は約161億円で前年度に比べ約3億円増加した(対前年2%増)。

被害面積は約4万3000haで前年度にくらべて約5000ha減少した(同10%減)。被害量は約45万9000tで前年にくらべ約2000t増加している(同0.4%増)。

鳥獣種別の被害金額は、シカが約56億円で同3億円増(同6%増)、イノシシが約46億円で同約0.7億円減(同1%減)、クマが約5億円で同0.6億円増(同14%増)、ヒヨドリが約4億円で同2億円減(同35%減)。

農林水産省は農作物被害を及ぼすシカ、イノシシの生息頭数を平成23年度から令和5年度までに半減(約190万頭)とする目標を掲げて、捕獲活動の抜本的強化と、ジビエフル活用に向けた取り組みを支援する予算として令和3年度は110億円を計上している。

また、11月26日に決定した令和3年度補正予算では鳥獣被害防止総合対策として16億円を確保した。野生鳥獣の侵入を防止する侵入防止柵の整備を支援する。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る