BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

埼玉県で7例目 広島県で8例目 鳥インフルエンザ2021年12月7日

一覧へ

農林水産省は12月7日、高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜が埼玉県でと広島県で確認されたと発表した。今シーズン7例目と8例目となる。

7例目は埼玉県美里町の採卵鶏農場で確認された。6日にまとまった死亡が確認されたとの通報を受け、県の簡易検査で陽性と判明。その後の遺伝子検査でH5亞型の擬似患畜と確認された。

農場では採卵鶏約1.7万羽を飼養していた。

県は飼養鶏の殺処分や移動制限区域の設定、消毒ポイント4か所の設置など防疫措置を実施している。

8例目は広島県福山市の採卵鶏農場。死亡羽数が増加しているとの通報を受け、県の簡易検査で陽性と判明。その後の遺伝子検査でH5亜型の擬似患畜と確認された。

農場では採卵鶏約3万羽を飼養していた。

県は飼養鶏の殺処分や消毒ポイントの設置など防疫措置を実施している。

半径3km以内の移動制限区域には養鶏場はない。半径10㎞以内の搬出制限区域内には6農場、計約8万羽が飼養されている。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る